新しいブログを書いた

たぶん。きっと。およそ目にするもののなか、そのほとんどはどうでもいいことなのでしょう。自分と関わりのない劇場の薄明りにぼんやりと仄暗い目を向けるだけなのでしょう。自分を留めることができるのは、最後の最後には自分だけでしかなく、結局他人は他人でしかない。心が朽ちて土にかえったときに、その粉々が何処とも知れない何処かにふわりと舞い上がるのなら、それだけで、それこそが無上の幸福と為り得るのでしょう。花が、木々が、その上で葉を茂らせるのなら、それだけで感涙を得ることができるのでしょう。全部は全部太陽のせい。そんなことは分かっている。自分を守るのは、あるいは自分を曲げないことでもあるのかもしれない。けれども果たして曲げられないほどの硬いものはいったいどこに転がっているのでしょう。転がってくるものならば、一つ罠でも仕掛けてみようか。知覚の内部にあるものは球体の関節で幾重にも折れ曲がる。だらりと力を抜く。がらがらと崩れてしまえ。ビスクドールなら、硬いのでしょうか。糸人形なら。だらりと力を抜く。何でもないことに心を揺らすのはなぜでしょうか。薄明りの部屋の中に、網戸で仕切られた窓がある。遠景を望むのは何故でしょうか。遠くの緑を見れば目が安らぐらしい。川の音に耳を預けていたい。全部が全部、太陽のせい。オーロラは綺麗。耳をふさいで、目をふさいで。しまいには口までふさぐ。全部が全部、太陽のせい。ダンスホールの天井は高い。陽の光は心地良い。無駄な他人に前に進むのを妨げられるのは最悪だ。兄元の塵に足をとられるのはけだるい。そばにいる誰かにはそばにいてほしい。月明りには照らしていてほしい。太陽の光は目に痛い。蛍光灯の明かりはなかなかに良い。全部が全部太陽のせい。体が温まれば、心も温かい。炬燵に蜜柑で十分。炬燵も蜜柑もなければ、コーヒーとチョコレートでもまあ。関係ないことに何故心を揺らすのかが心底分からない。どうでもいいことに何故そこまで腐心するのかが心底分からない。痛みも伴わないことなら、よけずともいいだろう。不快を伴わないものであれば、そこにあったってなんの問題もないだろう。嫌なものは許さない。消えてしまえ。なくなってしまえ。ガラガラと崩れてしまえ。人形みたいに。それを箒で集めて、まとめてゴミ箱に入れてやる。ゴミ収集は早朝。間に合わない。とりあえずはそこに置いておこう。全部が全部太陽のせい。平和を減らして心の安定を図る。逃げ道がある。うだる電車内で窓を開ける術がある。飛行機では死ぬ。安らぎを得られれば、とりあえずは安らぐ。全部は全部太陽のせい。ゴミは腐るけれど、部屋は暖かい。          小松菜

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ぺん (水曜日, 13 7月 2016 04:16)

    太陽嫌いなんですね

  • #2

    小松菜 (水曜日, 13 7月 2016 11:29)

    そんなことない

  • #3

    はら (水曜日, 13 7月 2016 12:15)

    誰かが誰かのために動くのは決して誰かが誰かを思って動いてる訳じゃないと思うんだ。みんながみんな自分から見た景色は美しくあってほしいんだよ。